» 未分類のブログ記事

 

あなたはカッサをご存知ですか?カッサは中国で古くから行われている民間療法で、水牛の角や翡翠などを加工して作ったプレートでマッサージする手法のことです。手で行うマッサージよりも的確に刺激して老廃物を流してくれるため、より効果的なマッサージといえるでしょう。具体的なマッサージ方法を説明しましょう。素材はどんなものでもかまいませんので、まずはカッサを用意しましょう。注意する点は、力を入れすぎないことです。ピンポイントで刺激を与えるため、肌を傷つけないようイタ気持ちいい程度の力でマッサージすることが大切です。また入浴後など血行が良くなった時に行うとより効果的ですし、オイルやクリームなどで肌の滑りを良くした上で行いましょう。マッサージの基本的な流れとしては、カラダや顔のコリをほぐし、耳たぶの下や首筋などリンパの流れに沿って内側から外側リンパ液をへ流して行きます。最終的にはカラダの中で最大のリンパである、左鎖骨下から老廃物を押し出す気持ちで左の鎖骨に沿って右から左へゆっくり優しくを流し込みます。このマッサージを続けることで、むくみを解消しますので小顔やカラダの気になる個所のサイズダウンを期待できます。

 

 

仕事や私生活で、PCを長時間同じ姿勢で使用している人も少なくないと思います。
PCを操作しているときに気になるのが前のめりになってしまう姿勢です。
前のめりの姿勢で長時間そのままでいると、猫背の原因になってしまうでしょう。
猫背になると身体の各部位に大きな負担をかけてしまい、頭痛や肩こり、腰痛などを引き起こします。
また疲労物質が溜まりやすくなるため、通常よりも疲れやすくなってしまいます。
そして猫背はそのような身体の不調だけでなく、見た目にも影響してしまいます。
猫背になることで背中が丸まって見えるため、姿勢が悪く老けて見えてしまう可能性があるのです。
さらに、猫背によって首が前に出ることで二重あごになってしまうことも考えられます。
二重あごを改善するためには、姿勢に気を付けるのはもちろんのこと、舌の筋肉を鍛えることも大切です。
舌を前方や左右に突き出すエクササイズを続けることで、顔をほっそりさせることができ、さらに二重あごの改善にも高い効果を発揮します。
そして肩甲骨を動かすエクササイズもおこなえば、猫背の改善にも繋がるでしょう。
PCを使ったデスクワークをおこなっている人は、このようなエクササイズを意識的に実践することで、猫背や二重あごの予防をすることができます。

 

 

仕事ではデスクワークでパソコンを良く見て、スマートフォンや家に帰ってからもパソコンでインターネットなどを見ている方は二重あごになってしまう傾向があり、顔の輪郭が二重あごになる事でぼやけてしまいます。
パソコンを前のめりで見る生じる事で二重あごになりがちとされ、猫背姿勢であごを出してパソコンを行っている事が生活習慣になってしまっている方は、アゴ周りの筋肉のエクササイズを行う事で口角がきゅっと上がって、第一印象がよくなります。
パソコンを見る事によって無表情になってしまい、アゴ周りの筋肉もだんだんと衰えてしまい下がっていってしまいます。
空のペットボトルを使って、ふくらましたり吸い込む事によって顔の筋肉を使う事で下がっているアゴ周りのエクササイズにもなります。
はしをくわえて上下の唇をくっつけ、唇を真横にスライドして5秒キープする事でのエクササイズもあり、身近にあるものでも簡単に行う事もできます。
大きな口を開けて発声練習するように、あいうえおなどを行う事でも垂水などの原因も解消する事が期待できて、首筋から胸筋にかけてのマッサージをクリームなどを使って、リンパを流すように行う事も二重あごなどの垂水も解消できます。

 

 

最近は、とても姿勢が悪い人が多くなってきています。
一つには、パソコンなどの作業をする時に、知らない間に前のめりの姿勢をしている事がよくあります。
また、問題になっている歩きスマホも姿勢を悪くする原因です。
まず、前のめりの姿勢が続くと、二重アゴになりやすく年齢よりも老けて見えます。
そして、肩や腰にも負担がかかります。
これらを、解消するために自分でもできるストレッチがあります。

ストレッチは、萎縮している筋肉を元の状態に伸ばすことで効果がでてきます。
長時間、同じ姿勢を続けるとその部分の筋肉が萎縮して血行がわるくなります。
自宅で簡単にできるものがあります。
初めから、ハードにすると筋肉を痛めることがあります。
出来る範囲で、やることが大切です。
首をゆっくりと回すことや、腕を肩から大きく回すことなど誰でも出来ることからしていきます。
ただ、この時も絶対に無理はしない、初めから長い時間や回数をしないなどの注意があります。
慣れてくると、体全体を伸ばしていけます。これを、できれば毎日することが望ましいですが、無理な時は一日おきでも効果があります。
血行がよくなると、老廃物や余分な水分も排出がされやすくなります。

 

 

姿勢を意識してみる事の重要性は、脊柱を良くする、老廃物を排出して肌をきれいにすることなどにあります。
日本人は子どもの時から座っている時間が長くて疲れてくると背中を無意識に曲げています。その状態でスマホを見たり、読書をしたりすると目を酷使するだけでなく、肩の筋肉がこったり、腰が痛くなったりします。それを改善するために正しい姿勢を意識して仕事や勉強をしたりすることが大切です。
正しい姿勢になれば、長時間のデスクワークにも耐えられ、老廃物も順調に排出できて食事も楽しめます。食事中も姿勢が良いので腸の働きも良くなり、正常に食べたものが消化されて健康的な体につながります。集中力をアップさせることにもなり、五感をフルに活用して脳に対する影響も良くなってきます。
このように、病気にならない体にするためには腸が丈夫であり、足腰が元気で、体内の血行が良いことなどです。血行を良くするために、正しい姿勢をしていろいろな活動がスムーズになるようにします。毎日実行することはできるだけ多くの散歩をすることであり、腰痛にならないように姿勢に気をつけること、テレビやパソコン、スマホのやりすぎをしないようにすることなどです。

 

 

今や大勢の方が当たり前のように使用している物の中に、パソコンがあります。ネットショッピングやオークションをしたり、フェイスブックやメールなどで色々な方と交流を深めたり、電子書籍を読んだり、動画を観たり、その使用法は多岐にわたります。
机に座ったまま、ついつい長時間過ごしてしまうこともあるでしょう。そして、あまりそうした時間が続くと、知らず知らずの内に姿勢が崩れてきて、前のめりになってしまうこともあります。そういったことが癖になってしまいますと、体がその形を覚えてしまい、猫背の姿勢が直らなくなってしまうことがあります。
こういった悪い状態が習慣づいてしまうと、パソコンから離れた時でも、そういった姿勢をとってしまうこともあります。食事をしている時や、歩いている時などに、自分が思っている以上に前のめりになっていることもあります。
こうした姿は、人への印象がマイナスに働いてしまうことがあります。面接であったり、お見合いであったり、大事な場面で気持ちが入っていないととられてしまっては損です。
また、臓器を圧迫したり、肩こりの誘発につながってしまうこともあるなど、健康面への影響も考えられます。心身共に気持ち良く、快適に過ごすために、きれいな形をとる意識を忘れないことが大切です。

 

肥満になると皮下脂肪が増えていきます。
皮下脂肪が増えるとリンパの流れが悪くなります。
リンパは全身の隅々まで張り巡らされ、老廃物を心臓に運んでいます。冷え性や血行障害、免疫改善など大切な役割を持っていますが、滞りやすいという特徴も持っています。
流れが悪くなると、むくみやセルライトが現れてくるのです。
運動や食事制限でダイエットが成功しても、顔だけはぽっちゃりのまま。
顔の脂肪は、なかなか落とすのが難しいせいです。
また太っていると思っていたら、むくんでいるだけだったということもあります。
ほっそりとした顔、シャープな顎、キリッとした輪郭を手に入れたいなら、老廃物を溜めないようにしましょう。
それにはマッサージが効果的です。
体を十分に温めたら、滑りをよくするためマッサージ用のオイルやミルクを塗って下さい。肌を傷つけないようにするためです。
まずは鎖骨を擦って流れを良くしましょう。次に人差し指をカギの形にし、顎の中央から耳の下まで滑らせ、老廃物を集めます。右左のどちらか一方をやったら反対側も同じにやりましょう。くれぐれも、耳から顎へ戻らないように注意して下さい。
耳の下に集めた老廃物は、首のリンパに沿って指で鎖骨まで持って流していきます。そして再び鎖骨の上を擦り、流し込んでください。
早く痩せたいからといって、やりすぎは肌を傷つけてしまいます。注意して下さい。
また食後30分以内や体調が悪い時は、マッサージを避けましょう。

 

お肌とたるみ

| 未分類 |

 

年齢を重ねると、目尻のシワやフェイスラインのたるみが、気になるという方が増えてきます。
このような年齢肌が起こる原因は、コラーゲンなど肌にハリや弾力を作り出す、働きが落ちるのに加え紫外線のダメージが、大きく関わっていると言われています。

肌が日焼けをすると、肌細胞を守る為に活性酸素という酸素が作り出されます。
この酸素は、細菌やウイルスを除去する働きがある為、健康維持には欠かせないものです。

しかし、大量に作られてしまうと、様々な悪影響を与えてしまうのです。
その中の1つに、タンパク質の破壊が挙げられます。

肌の奥深くには真皮層という場所があり、そこにはコラーゲンやエラスチンといった、弾性繊維が網目状に張り巡らされています。
このコラーゲンなどが肌内部で、しっかりと皮膚を支えている事でハリを保てるのです。

しかし、日光を浴びた事で活性酸素が作られ過ぎてしまうと、タンパク質で作られているコラーゲンやエラスチンは、壊されてしまいます。
ダメージを負い皮膚を支えきれなくなってしまう為、皮膚表面にシワやたるみが出来てしまうのです。

年齢肌が起こる原因は、紫外線も大きく関わっている為、できるだけ浴びない、そして活性酸素を除去する効果のあるビタミンCやビタミンEなどの、栄養素を摂る事が大切です。

 

 

二重あごは顔のたるみやむくみによって改善される率が高いです。体や顔がむくむ原因は冷えや運動不足により、老廃物が滞っている状態から起こります。またお酒を飲み過ぎたり塩分濃度の高い食事を摂取した翌日は、顔のむくみによりいつもよりあごがたるんで見えることもあります。そんな時はリンパの流れをよくすることで悩みを解消出来ます。血液と違いポンプの役割をするリンパ管が体中に幾つもあります。特に二重あご予防にはデコルテと呼ばれる鎖骨の周りをマッサージすることが効果的です。血行の流れがとてもよくなり、むくみもとれて顔色も明るくなります。また体中のリンパ管をマッサージすることは老廃物の排出を促すことにもつながります。マッサージの後は水や白湯を飲んで尿や汗として対外へ老廃物を排出することで頭の先から足の先までのむくみを改善できます。また、正しい姿勢を心がけて生活することも大切です。仕事でパソコンを利用する割合が高い人は頭の位置が通常より前のめりになっている姿勢の人が多いです。このような姿勢は肩に力が入りデコルテ周りの循環も悪くしてしまいます。耳から肩を離し、肩の力を抜いて肩甲骨を寄せるように心がけるとよいでしょう。