肥満になると皮下脂肪が増えていきます。
皮下脂肪が増えるとリンパの流れが悪くなります。
リンパは全身の隅々まで張り巡らされ、老廃物を心臓に運んでいます。冷え性や血行障害、免疫改善など大切な役割を持っていますが、滞りやすいという特徴も持っています。
流れが悪くなると、むくみやセルライトが現れてくるのです。
運動や食事制限でダイエットが成功しても、顔だけはぽっちゃりのまま。
顔の脂肪は、なかなか落とすのが難しいせいです。
また太っていると思っていたら、むくんでいるだけだったということもあります。
ほっそりとした顔、シャープな顎、キリッとした輪郭を手に入れたいなら、老廃物を溜めないようにしましょう。
それにはマッサージが効果的です。
体を十分に温めたら、滑りをよくするためマッサージ用のオイルやミルクを塗って下さい。肌を傷つけないようにするためです。
まずは鎖骨を擦って流れを良くしましょう。次に人差し指をカギの形にし、顎の中央から耳の下まで滑らせ、老廃物を集めます。右左のどちらか一方をやったら反対側も同じにやりましょう。くれぐれも、耳から顎へ戻らないように注意して下さい。
耳の下に集めた老廃物は、首のリンパに沿って指で鎖骨まで持って流していきます。そして再び鎖骨の上を擦り、流し込んでください。
早く痩せたいからといって、やりすぎは肌を傷つけてしまいます。注意して下さい。
また食後30分以内や体調が悪い時は、マッサージを避けましょう。